fc2ブログ

特に

2012/07/29 18:36

前の記事で上げた獰猛、なんか異様にスペース余ったと思えばヒーローとか入ってなかったでござる。
ジェニーパクリオの集団に殴り殺されるというとんでもない事態が発生。笑えん。

今はちょっと改良してあるからそういうことは二度と起きないだろうけど。


8月から本格的に大会とかでまくる予定っす。
本当は市外の大会に出たいけど、車出してくれる人が居なければカメクラDRで妥協するしかないね、仕方ないね。

CSとかも出たいけどね。交通費なんて払えたもんじゃない(所持金1000円以下)


とりあえず時間ある方は連絡お願いします。フリーしたいんで・__・

スポンサーサイト



未分類  | コメント : 5  | トラックバック : 0 |

獰猛リペア

2012/07/25 01:32

エクス殿堂に伴ってリュウセイカイザーをはじめとする「Nエクス」に採用されていたカードは衰退していきました。
ラムダが息を吹き返しているところを見ると、何かこみあげて来るものがありますよね・_・
特にエクス愛用していた方々はそうなんじゃないかなと思われます。

今回、ラムダを筆頭とするビートダウンに対して有効な部分が見込める<超次元ホワイトグリーン・ホール>を採用し、新環境でもなんとか戦えるようにと思い構築しました。

『獰猛リペア』

3 x 霞み妖精ジャスミン
4 x フェアリー・ライフ
1 x 天真妖精オチャッピィ
1 x 緑銅の鎧(ジオ・ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x 神秘の宝箱
4 x 獰猛なる大地

1 x 蒼狼の始祖アマテラス
2 x アクア・サーファー
4 x サイバー・N(エヌ)・ワールド
3 x フォーチュン・スロット
4 x ドンドン吸い込むナウ

2 x 永遠のリュウセイ・カイザー

2 x 光神龍スペル・デル・フィン
1 x スローリー・チェーン

2 x 偽りの名(コードネーム) シャーロック
3 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
2 x 反撃のサイレント・スパーク

3 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 時空の剣士アクア・カトラス/青藍の覚醒者アクア・エクスカリバー
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

まだまだ作成段階で、脳内構築といっても良いほど信用が置けない状態です。
とは言えサーファー以外の38枚はほぼ確定なので、この2枚は調整枠として取って置くのが良いかもしれません。

暫く調整して、纏まって来たなーと思ったら考察と共に再度更新します。

とりあえず26日のボイラー検定が終わるまで迂闊にカードできないです。

追伸
こういうのってリペアって言って良いんだろうか。
獰猛自体は殿堂掛かってないし、殿堂掛かったエクスを採用すらしてないし。
まぁどーでもいーや・へ・

DMデッキ  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

白黒イエス

2012/07/22 00:59

一応新殿堂対応のもの。
このデッキが苦手とする、Nワールドの採用率がほぼ確実に落ちるだろうと見込み構成。

『白黒イエス』

2 x 巡霊者メスタポ
2 x ガガ・ピカリャン
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x 光牙忍ライデン
3 x 光器ノーブル・アデル
4 x 超次元シャイニー・ホール

4 x 停滞の影タイム・トリッパー
3 x 虚構の影バトウ・ショルダー
3 x 解体人形ジェニー
2 x 威牙忍ヤミノザンジ
2 x 希望の親衛隊ファンク
4 x 超次元ミカド・ホール
2 x 地獄門デス・ゲート

4 x 至宝 オール・イエス
2 x 天使と悪魔の墳墓

1 x 時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー
1 x 時空の精圧ドラヴィタ/龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ
1 x 時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の封殺ディアスZ(ゼータ)/殲滅の覚醒者ディアボロスZ(ゼータ)
1 x アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

・巡霊者メスタポ
Nエクスの吸い込むが無くなったとはいえ、ラムダの化身、吸い込むを無力化できる点は大きいです。ラムダに数押しされると止めきれないので、ラムダに対するトリッパーの5、6枚目として。
ただ、パワーラインが1000と低く、仮想敵もほぼラムダピンポイントでトリッパーより弱いです。偶にホーガンにささったりしますが;;

・ガガ・ピカリャン
このデッキにおける貴重なドローソース。
今回採用したかったカードが多数あったので、枚数を2に抑えています。
対速攻やラムダ等のビートに対しては微妙な一枚ですが、ミラー戦、対ハンデスの時はかなり活躍します。
パワー2000という所も評価でき、一番増量の見込みがあるカード。

・光牙忍ハヤブサマル
DM界の黄色い悪魔。

・光牙忍ライデン
テキストとこのデッキとの相性がかなり良い。
数押しされる場面で1~2点止められるのはかなり大きいです。
このデッキの「相手のクリーチャーをタップする」という行為はこのデッキにとって最大のメリットであり、アドバンテージを稼ぐ上で最も重要な事なので、そういった点でもライデンは攻撃の抑制、アドバンテージへの道筋といった役割を持ちます。

・光器ノーブル・アデル
速攻泣かせ。
イエス装備させれば6000以下は殴れないので、まず大抵のビートダウンは停止します。
エンフォーサーとは違い、除去耐性が無いので意外とあっさり消されてしまうので過信は禁物。
2500という中々なパワーもあるので殴り返しにも期待できる1枚。

・超次元シャイニー・ホール
このカードの運用が勝率に大きく関わってきます。それくらいこのカードの役割が大きいって事です。
簡単にいえば、アドの発生源で防御(ギャラクシー)、制圧又は抑制(ドラヴィタ)、手札補充(パンツ)、攻撃(チャクラ)といった様々な可能性を生み出せるカード。

・停滞の影タイム・トリッパー
基本的にどんなデッキに対してもささります。
汎用性、イエスとの相性、どれを見ても高い評価が見込めます。

・虚構の影バトウ・ショルダー
黒のゴーゴンシャック。
ただ、ゴーゴンとは違い序盤では中々機能してくれません。真価を発揮するのはハンデスや呪文が飛び交う終盤ではないでしょうか。
パワーも2000とファンクラインから抜けていて、ミラーや対ハンデスにおいてはキーカードとなり得るでしょう。

・解体人形ジェニー
ハンデスとしてかなり安定してて、相手の手札を見れるというのもかなり大きいです。
これは5ターン目に打つであろう超次元の選択先の無駄をなくすための情報アドバンテージとしても見ることができます。
イエスが数枚場に出る終盤を想定して3枚に留めました。

・威牙忍ヤミノザンジ
主にミラーに対するバトウのケア、ミカドガイアールの対抗策、ビート抑制等に使用します。
ファンク、アデルとの相性も中々。

・希望の親衛隊ファンク
小型次元潰し、展開抑制、ハンデスメタ、ガイアール阻止。
パワーも5000とかなり高く、アデルとの相性も良いので採用。
ただブーストを要しないこのデッキ的には若干重く、当然ささる相手とそうでない相手もいるのでこの枚数。

・超次元ミカド・ホール
シャイニーホールに同じく選択先は4つ。
主に除去、それからバトウを活かすべく選択先にヴォルグを採用。
ビートにはガンヴィ又はガイアール、ミラー、対ハンデスではヴォルグ又はディアスと、大体相手によって出す物は決まっているので選択先をミスするようなことは無いと思います。超安定した1枚。

・地獄門デス・ゲート
数少ないトリガー除去。
イエスは自分の場にクリーチャーが居ないとただの紙なので、蘇生効果にも期待できます。

・至宝 オール・イエス
これの為のデッキ。
ベルリンの上からハンデス、リュウセイハチ公無力化、打点上げとブロッカー付加。とてもコスト2のスペックだとは思えないですね。
とはいえラムダのGENJI、シューテイングホールはかなり危険なので事前のハンデス、制圧が如何にできているかがポイントとなります。

・天使と悪魔の墳墓
ブーストを要するデッキはまずこのカードを警戒してマナを調整してきます。
ただ、イエスによる猛烈なハンデスによってマナに置くカードは多少なりとも限定されるので、被ることは多いです。

・時空の不滅ギャラクシー
基本的には防御札として繰り出しますが、ファンクが居る時にはアタッカーとしても起用できます。
初めから除去耐性が備わっていて、相手としては中々処理に困る1枚ではないかと。

・時空の制圧ドラヴィタ
イエス装備時∞ブロッカー。連続攻撃も期待でき、呪文による除去を受けてもタップするという行為ができるので、このデッキのメインアタッカーとなり得るでしょう。

・時空の雷龍チャクラ
ファンクによって除去されず、覚醒後はプリンを気にせず殴れるこのデッキ最大のパワーアタッカー。
当然単なるブロッカーとしても起用でき、非常に便利な1枚。

・ヴォルグ・サンダー
バトウ用。主にミラー、対ハンデスに繰り出します。
打点は7000と高くWブレイカー持ち。ディアスとの選択はバトウがいるか居ないかで判断して決めます。

・時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 勝利のガイアール・カイザー
使用した後も、イエスを装備することによって優秀なアタッカーに変身できるサイズの打点を持っているので安心して繰り出すことができます。
ガイアールに関しては単純にSAとして機能させる場面もあります。

・時空の封殺ディアスZ
返霊がとにかく強い。
相手の墓地回収を抑制し、こちらは再利用と向こうのバトウを弱体化。これを2アド取りながら行えるのが強いです。
7000打点でWブレイカー持ち。結構簡単に裏返るので、相手は覚醒も警戒してプレイしてくるんじゃないでしょうか。ラムダとか特に。

・アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉
このデッキにおける超貴重なドローソース。
基本的にはこれを選択します。ミカドガイアールも効かず、ジェニー等で除去札を消していれば安定して2ドローまでできます。
場に残れば残るほど強いです。如何にこいつが居座るかが勝率に大きく関わってきます。

一応個々のカードの説明だけ。
あとは採用を見送ったカードの説明をちゃちゃっと書きます。

・超次元リバイヴ・ホール
以前まではデッドリー・ラブと共に採用していましたが、ファンクの登場で出せる次元がかなり縛られて来た為、ミカドホールとデスゲートに変更しました。
ハヤブサ使い回し等、手札を減らさずに展開できる点を評価。

・デッドリー・ラブ
上に書いてある通り。
最軽量確定除去としてかなり優秀なので検討中。


今回枚数がごちゃごちゃで見辛かったかもしれませんが、採用したかったカードが多過ぎたので大目に見てくださいww
かなり説明口調で書いてるのでイラっとくる方もいらっしゃるかも知れません;;;;

ちょっと久々のデッキ考察記事で書き方変わってるけど見辛かったり、変えて欲しい所とかあったら気軽にコメ飛ばしちゃってください・__・

では

DMデッキ  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

殿堂発表

2012/07/16 01:10

エクス・紅蓮ゾルゲは分かってたけど、ミランダ落ちるのは予想外でした。

引き続きヴォルグマスターズをお楽しみくださいって事なのかヴォルグもザビミラも生きてる訳ですし、
新環境はドロマーザビミラスタートで行きます。

まあ当然ドロマーミラーも増えるだろうね…
常にベルリンセットを心がけるか、クイーン成立を見計らうか。

新環境は結構面白そうだし、ぼちぼち調整するとします。

DM考察  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

(⌒,_ゝ⌒)

2012/07/05 22:21

検定ラッシュ終わって今テスト期間ちう

ちなみに検定は1級3つ中2つ受かりました・_・
落ちたやつは後1問くらい合ってたら合格点あったけどまあ言い訳に過ぎんわな。しゃーない。

テスト明けたらボイラ技士検定というとどめの一撃が待ってるけど夏休み1週間後くらいだしまだ猶予はあるっちゃある。

進路の事もあるけど、いまんとこ進学(専門学校か、金色の闇君が通ってるとこ(笑)
就職はまず無いかな。
就職率が異様に低いわけだし、危ない橋渡りたく無いしね。現状ブラック企業しか無いイメージ。
それよかまだペン握って机座ってる方が数倍マシw


DMの方も一応環境意識だけはしてる。
殿堂発表によってエクス、ヴォルグ、紅蓮ゾルゲ当たりに規制かけてくるんじゃないかな。
恒例の謎枠にリバイヴとかタワーとか入って来そうだけど(笑)

あとポケモンと遊戯もぼちぼち

とりまテスト明けてから始動します。

のし

未分類  | コメント : 1  | トラックバック : 0 |